地域社会と環境への取り組み

サロジンは、企業市民の責任と認識し、地域社会や環境のサポートにも力を注いでおります。

The Camillian Social Centre

Thank you for the amazing support by everyone involved in the Marathon Fundraiser, held in December 2012, to support the children at the Camillian Social Centre, Takuapa, www.camilliantakuapa.org.

It was a great success and a fantastic THB 96,948.51 (approx. USD 3,200) was raised. As well, it brought about much awareness for the centre and Down’s Syndrome.

Your extremely generous support, that is so greatly appreciated by the local families, helps to support and provide day care for Downs Syndrome and disabled children.

Thank you very much.

サロジン・カオラック・コミュニティ基金

サロジン・カオラック・コミュニティ基金は、サロジンが開業する以前に、2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震の津波をきっかけに設立されました。

専務取締役アンドリュー・ケンプは、世界各国にいる知人・友人・ビジネスパートナーと連携をとることにより、カオ ラック、広範囲にわたるパンガー県での数々のプロジェクト、2008年にはミャンマーを襲ったサイクロンナギス”の際には、緊急援助のサポートをしtき ました。

今日にいたるまで、サロジン・カオラック・コミュニティ基金は数々の援助・支援をに努めてきました。 チャイルドケア、孤児院支援、学校の教室や建物、道路建設と道路照明、動物福祉と獣医への支援、植林と再生活動、ボートヤードとロングテールボートの再建支援をすることで、漁船を復元してきました。

サロジン・カオラック・コミュニティ基金に集まる基金は全て、カオラック地域社会、パンガー県、ミャンマーの支援に使用しています。

2011年7月 74人の子供たちと新しい制服

バーン・ターム・ナム・チャイ孤児院の74名の子供たちに真新しい制服を贈りました。

その日はサロジンスタッフが、孤児院でゲームや福引、昼食を用意し、子供たちのダンスの発表会など笑顔と喜びであふれるひと時を過ごしました。

寄付をしてくださった全ての方々に大きな感謝を致します。

2010年11月 地域社会のためにトライアスロンに挑戦

サロジンのオーナーであるケイト・ケンプは、人生初のトライアスロンを2010年11月28日日曜日に完走しました。オリンピックより長い距離1.8km の遠泳、55kmに及ぶ自転車、12kmのマラソンからなるコースを3時間52分、全625人中298位でゴール。ケイトのスポンサーになってくれた方々 に大きな感謝をお送りいたします。885ドルを募ることができました。

2008年6月 地域社会のために歩く

2008年6月15日、48名のサロジンスタッフとその家族が、基金集めのためのスポンサーウォーク5kmに参加しました。なんと総額9000ドルもの寄付を集めることができました。

サロジンの役員、スタッフ、地域コミュニティのリーダーや銀行からの寄付が集まりました。